自然が溶け込む、植物による空間デザイン

  • オフィス空間

庭師、フローリスト、茅葺職人などによる空間デザインユニットが創り出す世界。

身近な野山の素材を活用し、森へとつながる入口を作ります。

・イベントやウェディングなどの単発
・店舗、オフィス、旅館やホテルなどの空間デザイン
*年間契約をしていただくと、管理、交換、メールや電話対応などを行います。

【オプション】
・季節にあった野山の植物をお届け
・一緒に山に入り、自分で採取した植物でオブジェなどを作るワークショップへの参加
・季節の植物の活け込サービス

☆使用する素材について
杣人舎で管理する山林内(東京ドーム約3個分)で採取したの山の植物を中心に使用しています。
年間通して提供できるのはスギやヒノキ材などになります。
ご注文の季節によって、提供できない素材もございます。

生花、ドライフラワー、植木や苔などの土もの、植物を使用したオブジェ等、空間に合わせて対応いたします。

装飾のための無理な伐採や採取は行いませんのでご了承下さい。

☆予算について
設置場所や規模、装飾物により違います。
花瓶1つからでもまずはご相談下さい。

【ご注文の流れ】
1、オーダーをいただく

2、ヒヤリング(直接お会いして、お客様のご希望を伺い、設置場所の確認などを行います。)

3、設計デザイン(ヒヤリングを元に装飾物の設計デザインを行います)

4、見積もり

5、植物採取(見積もりのOKが出ましたらその季節やお客様のご要望に合うような植物を採取いたします)

6、施工(お客様と共に空間を創ることができればと思い、できるだけ立ち合いをお願いしております。)
*施工後、メンテナンスや管理の仕方、アレンジの楽しみ方などをアドバイスいたします。

【Q&A】

Q,どのくらいの期間、緑を保っていますか?
A,設置した季節や素材の種類、設置する環境によって異なります。
例を挙げると、春頃(4月~6月)に、スギヒノキ材の壁面装飾を設置した場合
環境があまり日の当たらない場所であれば、1ヶ月~1ヶ月半くらいは緑を保てます。
そのあたりから徐々にドライになっていき、色も茶色へと変化していきます。
*だんだんとドライになっていく経年変化を楽しむ提案を致します。

尚、土もの(植木等)の場合、環境や管理が整っていれば緑は保てます。

Q,虫などはつかないのですか?
A,スギやヒノキに関しては付きにくいです。
ただし、観葉植物などと同じように設置場所の環境(風通しが悪い、蒸れるなど)で虫などが付いてしまう恐れはございます。

Q,メンテナンスは必要ですか?
A,基本的にドライになっていく商品については必要ありません。
土もの(植木など)は水やりをお願いすることになります。

*使用する材や装飾の商品によって管理が違いますのでその都度ご案内しております。